【宇都宮冬の風物詩016】毎年1月15日に行われる春渡祭は飾りや古いお札、ダルマなどの縁起物を燃やすお焚き上げが行われ、正月の終わりを感じさせる風物詩になっています。

0
5 ビュー

【宇都宮冬の風物詩016】毎年1月15日に行われる春渡祭は飾りや古いお札、ダルマなどの縁起物を燃やすお焚き上げが行われ、正月の終わりを感じさせる風物詩になっています。
12月15日の「冬渡祭」と1月15日の「春渡祭」ともに神輿渡御がありますが、順路は逆になっているそうです。